大阪市平野区のジュン美容室&ブルークリップのとじこみふろく

大阪市平野区長吉出戸・長吉長原東のジュン美容室&ブルークリップのスタッフ通信です
≪ジュン美容室3つのESSENCE≫
すべての人への厚い心と自分への熱い心
昨日より今日、今日より明日という常に前向きな姿勢
良いことはおかげさま、悪いことは身から出たさび

2007年11月

5
3d6f835a.jpg

産休中のizumiからメッセージが届きました。

izumi
は、12月から土日のみ出勤することになりました。

先日、その準備の為お店に来てくれたのですが、すごく元気で、赤ちゃんもポチャポチャのほっぺたで可愛かったですよ〜

現在お久しぶりのお客様からご予約が入っています。

間近になると、ご希望のお時間をとりにくくなりますので、年末は特にお早めにご予約されることをおすすめします。

5
bdbdb6e6.jpg

ようやく夢が叶いました

何年も前から当店オーナーの夢だった『ハイビスカスシャンプーを作る』が叶いました。

オーナーは奄美大島の出身なのですが、昔、奄美大島や、沖縄地方、(インドネシアやハワイなどの南国の方は今でも使ってる人もいるそうです)の方は身近にあるハイビスカスの花や、葉や茎からできる液で髪を洗っていたそうなんです。ハイビスカスのどういう成分が髪にいいのかはよくわからないものの、髪はツヤがあって、キレイになったそうなのです。

そのことから「ハイビスカスって髪にいいのかも?」と考え、チャンスがあれば商品化できないかと思ってたそうなんです。

一度、20年ほど前、田舎から大量のハイビスカスを取り寄せ、細かく刻んだり、鍋で煮詰めたりして、髪を洗ってみたのですが、当然それが商品になるはずもなく、植物をそのままシャンプーにして肌がかぶれたりしないだろうか・・・など、インターネットもない時代ですから、どこにこの話を持っていっていいものか分からず、結局、形になりませんでした。

しかし、数年前から、「やっぱり、シャンプーを作って、お店のオリジナル商品として形にしたい!」と言ってたのですが、条件が厳しく、なかなか踏み切れませんでした。でも、ことあるごとに業者の方に、オリジナルシャンプーを作りたいという話をしていると、いい条件でも製作してくれるメーカーがあると紹介してもらい、少し希望が見えてきました。

初めて担当の方と打合せをしたとき、「ハイビスカスでシャンプーを作りたいんですが」というと、「ハ、ハイビスカスですか?それは、何かわけがあるのですか?」と驚かれました。確かに、ネットで調べてみてもハイビスカスのシャンプーはほとんど売られてません。担当者もハイビスカスでシャンプー・・・というのは聞いたことがなかったそうなのです。製造部門などに問い合わせてもハイビスカスは扱っていないといわれました。そこで、製薬会社の研究所にいる私のいとこに、ハイビスカスでシャンプーを作りたいのだけど、どんな効能があるのか?ハイビスカスの成分をシャンプーに加工しても問題(アレルギーなどの)は起こらないのか?シャンプーにするために原材料としてどこかから仕入れることができないか調べてもらいました。

すると、ハイビスカスには、保水成分が優れていて、髪や地肌にツヤやハリを与える効能があることが分かりました。また、ハイビスカスはオクラと同じアオイ科の植物なので原材料としては、オクラエキスとして登録されていることも分かり、扱っている薬品会社も教えてもらいました。化粧品としては、美容液などに含まれていることも分かり、シャンプーに配合しても問題がないことも分かりました。

結局、オクラエキス=ハイビスカスの成分ということにだれも気づかなかったので「扱ったことがない、聞いたことがない」ということになってしまっていたのです。「なーんや、オクラエキスってハイビスカスのことだったの?それだったら、扱ってます」となり一気に話が進展していきました。実際は、話を進めていくうちに、オクラエキスから「ハイビスカス花エキス」というストレートな名前のもので作れることになり、そのほうがお客さんに「オクラ=ハイビスカス」というややこしい説明をしなくていいなぁと安心しました。

また、製造工場が徳島県にあるのですが、近くに『12年連続四国一の清流(国土交通省認定)の”穴吹川”』があり、その水を精製して使用してもらえると知りました。シャンプーの主成分の『水』にこのようなこだわりの『水』を使ってもらえるのもうれしい情報でした。

作業としては、まず、ある会社で販売しているハイビスカスシャンプーを取り寄せ、スタッフ全員で実際に使ってみました。それを参考に自分たちが納得いくものを絶対作るぞ!と意気込みを持っていろんな案を出し合いました。

ハイビスカスで保水・保湿効果はあるので、それ以外の効果についていろいろ考えました。みんな、毎日たくさんのお客さんの髪を触っているので、いろんな情報を持っています。そのお客さんの髪の情報を十分に参考にしました。

できるだけ、家族みんなで使って欲しいので、女性でも男性でも、お子ちゃまでもお年寄りでも使ってもらえるシャンプーにしようと思いました。また、髪や肌とほぼ同じ弱酸性のシャンプーにし、防腐剤を入れないことで、敏感肌の方や赤ちゃんでも使ってもらえるようにしました。

実際にみんなで、洗ってみて、まずチェックしたのは、泡立ち、泡切れ、手に取ったときの粘り具合、香り(誰でもOKなやさしい柑橘系の香り)など、実際にお客さんが洗ったときに気持ちよく洗ってもらえる大事なポイントです。これは、何度もテストを繰り返して、微調整してもらいました。初めにできたものは、泡立ちはすごく良かったのですが、髪が短い人ならよく洗えるのですが、長い人や量の多い人は、泡がモワモワしすぎて地肌まで届きにくいこともあり、少し抑えてもらいました。

次に、髪への効果です。いま、ほとんどの人は毛染めやパーマを経験していてダメージがあります。手触りも悪く毛先がパサパサしてしまうので、毛染めの色持ちがいいこと、パーマなどの薬剤のダメージ対策、洗ったあとの手触りにも気をつけました。手触りは市販のシャンプーにあるようにシリコン成分を入れれば簡単ですが、これは単に表面をコーティングするだけでパーマがかかりにくくなったり、染まりにくくなったり、トリートメントがあまり効かなくなるなど、髪にはぜんぜん良くないので、シリコンを使わないで手触りをよくするようにしました。

続いて、頭皮・地肌のことを考えました。

髪は当然、頭に生えてるものですから、地肌の健康はとても大事です。いい大地からいい植物が生えるのと同じで、地肌のコンディションを整えなければ、健康でキレイな髪は生えてきません。そこで、ヒノキチオールや、ホホバ油センブリエキスなど、殺菌、抗菌、フケ、育毛などに配慮した成分を入れてもらいました。

また、顔は頭とつながっていますので、顔のたるみやしわ、老化は、顔だけに高級な化粧品をつけても満足のいく効果は得られません。弾力、ハリがあり、みずみずしい頭皮があってこそ、顔もひきしまり、若々しくいられるのです。新しいゴムはよく伸び縮みしますが、古いゴムでは伸びきったままになります。それと同じで、頭皮が伸きったゴムのような状態では、顔は引き締まらないのです。

そこで、植物抽出成分や、コエンザイムQ10、コラーゲン、ヒアルロン酸など美容液に使われる成分をシャンプーにも配合して、頭皮を顔並みに若々しく健康に保てるようにしました。(あるスタッフは「これで顔や、体も洗えますね」といってました)

このほか、容器のサイズやデザイン(お店で絵の上手なYさんにイメージを伝えデザインしてもらいました)、色などもみんなで話し合って作り上げました。

(参考までに・・・300ml ¥2,940です)

あと、お得用・詰め替え用についても考えたのですが、最近は環境に配慮してゴミをできるだけ減らそうという意識が広まっています。

そこで、私たちは、あえてお得用サイズや詰め替えを作らず、一度商品を買ってくれたお客さんには、なくなったらその容器をお店に持ってきてもらい、少し安い値段でお店で補充することでゴミをなくそうと考えました。お客さんには、わざわざ持ってきてもらう手間はありますが、防腐剤を使っていないので、こまめに補充することでいつでも新鮮なシャンプーを提供できると思います。また、その都度お客さんと使い心地や改善点など『ナマの声』も聞けるといいなぁと思っています。

今日、たくさんのダンボールに入ったシャンプーがお店に届き、みんなひとつずつ手に取ってみました。実際に、それで髪も洗ってみました。

いいですよ〜 ハイビスカスシャンプー

なんだか、いま大きな達成感があります。

いよいよ明日から発売開始です。とてもワクワクしています。早く、皆さんに体験してもらいたいです。

準備段階でお客さんに話してると、たくさんの方が予約注文してくれました。

私も、買って、いろんなアイディアをもらったり、お世話になった人に、「夢の証」としてプレゼントしたいなぁと思っています。

実は、夢はまだまだ進行中で「洗い流さないトリートメント」、「薬用美容ゲル」製作にも、とりかかっています。

また、完成したらここにアップします。 マネージャーH

↑このページのトップヘ