大阪市平野区のジュン美容室&ブルークリップのとじこみふろく

大阪市平野区長吉出戸・長吉長原東のジュン美容室&ブルークリップのスタッフ通信です
≪ジュン美容室3つのESSENCE≫
すべての人への厚い心と自分への熱い心
昨日より今日、今日より明日という常に前向きな姿勢
良いことはおかげさま、悪いことは身から出たさび

2006年06月

5

kyouseiジュン美容室ブルークリップ共同キャンペーン

これから、梅雨の季節がやってきます。湿度が上がると髪がふくらみやすいまとまらないというお悩みを梅雨の前に解決しませんか?当店の縮毛矯正は、手触りが自然でナチュラルな仕上がりになりますので、きれいな状態が長続きします。さらに、これまで時には、4〜5時間はかかっていた所要時間が、約3時間に短縮できるようになりました。(髪の状態により多少差はあります)また、今回、えりあしお顔周りなどの部分的な矯正メニューも設け、男性や、矯正初心者の方にも気軽にお試しいただけるようになっています。

♪いずれのメニューも髪の長さに関係なく同一料金です。(カット料金は含まず)

恐れ入りますが、必ずご予約の上PM3:00までにご来店いただけますようお願いいたします。

***縮毛矯正 ¥9,800

***部分矯正 ¥6,000

***前髪矯正 ¥3,000

ご予約は ジュン美容室 0120-204-464 06-6709-4464

または、 ブルークリップ 0120-506-828 06-6709-6828

両店共通ご予約メール(bcjunhair@yahoo.co.jp)でご予約の場合は、ご来店の日時、お客様のお名前、ご連絡先、希望施術、ご希望の担当者・ご来店いただける店舗(ジュン美容室・ブルークリップ)を本文にお書き下さい。なお、ご確認のメールを24時間以内に返信しますので、携帯電話の方は、受信設定しておいて下さい。

 

カラーキャンペーンのお知らせ

季節に合わせてファッションを着替えるように、髪の毛の色も変えてみませんか?

夏の日差しに映える爽やかさなど、季節でカラーチェンジがトレンドです

6/1〜6/30ジュン美容室とブルークリップでは

カットをされたお客様に限り、髪の長さに関係なく

     元気いっぱい おしゃれ染¥3,675

  春よりもちょっと明るめにしましょう

     ちょっと差のつく シェードカラー¥3,675

  白髪と黒髪がムラなくなじむカラーです

    大人のみだしなみ白髪染¥2,625

  夏の装いにぴったりの少し明るめにしてみましょう

シェードカラーとは・・・?今までおしゃれ染をしてきた方が、少し増え始めた白髪をカバーしつつ、豊富なカラーも楽しめるカラーリングのことです。

当店では、あなたをもっと輝かせる為に、注目のホイルワ-クテクニック(ウィービングなど)をご提案しています。ホイルを使って髪を2色以上に塗り分ける事によって、今まで単色染めではできなかった髪の色や、ツヤ感、やわらかい感じや立体感の質感など、よりデザイン性を高く見せ、より上質なスタイルにすることが実現可能なカラーテクニックです。派手ではないけど髪にツヤがあったり、肌がきれいに見えたり、鏡に映った自分がきれいだと感じられるヘアカラー。おしゃれ染の方だけでなく、シェードカラーや白髪染の方も「隠す」から「活かす」という考え方で、みずみずしい、より若々しい髪色を創ることができます。ホイルの枚数や、色次第で、全体染めと時にできますので、所要時間は多少差があります。ウィービング 2,100〜

リッツ今日は、お店の定休日だったのですが、スタッフ全員でリッツカールトン大阪のフランス料理レストランラ・べでランチを食べてきました。

リッツカールトンは、接客業をする人たちのお手本的企業。リッツカールトンのサービスを解説する本やビデオがたくさん出ているくらい。ラベ メイン

いろんなお客様が、ここのサービスに感動し、また来たくなる、その秘密を私たちもお客様の立場で体感しよう!と行くことにしたのです。4月末ごろから行こうと決めていたので、ずーッと楽しみにしていました。今日は、みんなちょっぴりオシャレして・・・おしとやかです。レストランに向かうエレベーターの中は、やさしいラベンダーの香りでいい気分です・・・

jun

でも、この『ラ・べ』。リッツカールトン大阪のメインダイニングですから、来られるお客様も大人のセレブ感たっぷりの人たち。リッツ初体験のみんなは、「大丈夫かな〜」「ちゃんと、テーブルマナーできるかなぁ」と緊張していたのですが、あらかじめ個室を予約していたので、個室内では私たちだけ。

bc

そんなに大人しくならなくてもいいのに、レストランの雰囲気や、『ラ・べ』のスタッフの皆さんの無駄のない動きや、言葉遣いにすっかりカチンコチンですそんな私たちの様子をサーバーの馬詰さん「ここのコンセプトは、ご自宅にいらっしゃるような快適さを感じていただくことですから、もっと気軽にしていただいて結構ですよ。」と声をかけてくれたのですが、それでもやっぱりぎこちない・・・すると、「・・・という僕も、ここからは、関西弁でしゃべらせていただきますね。」と馬詰さん自らがフランクな口調になってくれて空気が一気になごみました。緊張こういうコース料理初体験のスタッフもいるので、簡単なテーブルマナーや、お皿について、個室内の装飾、ホテルのサービスについてなど、料理の合間、合間にいろんな話をしてくれました。途中で、マネージャーのフランス人のおじいちゃん(在日25年で66歳なのにサーブがスタッフの中で一番上手くて、精力的らしい・・・)もご挨拶に来てくれて、上手な日本語で楽しい話をしてくれました。本当は、厨房の中も案内してもらえるようだったのですが、今日は、メインダイニングの方がすごく混みあっていて、充分なおもてなしができない・・・ということで次回のお楽しみということになりました。なごやかとても楽しくてステキな時間をみんなで過ごすことができていい体験になりました。ここでの感動のサービスを今度は、私たちがお店に来てくださるお客様に提供していきたいと思います。

 

 

リッツ前

 

 

↑このページのトップヘ